« 中野振一郎×高田泰治/チェンバロ対決!@大阪倶楽部 | トップページ | 立川談春 25周年スペシャル独演会 »

2009年5月24日 (日)

そば打ち寄席(5/23)

阪堺線(チンチン電車)神明町駅近くにある真宗寺で開催された「そば打ち寄せ」に往った。

20090523174214_edited

20090523174250

これは桂 文鹿さんが主催されている会。平成6年入門の噺家だけで構成され、まるで同期会みたいな感じ。

20090523174737_edited

  • 桂かい枝/野ざらし
  • 桂  文鹿/代書屋
  • 林家染弥/癪の合薬(やかんなめ)
  • 桂  三金/ちしゃ医者

ざるそば付きで木戸銭、な、なんと1000円ポッキリ!落語に支払うお代を勘定すると、演者ひとりあたり100~150円くらいか。たっぷり愉しませて貰って、これでは申し訳ないくらいである。

20090523184422

新型インフルエンザ騒動の渦中にあっても会場はぎっしり満席。入りきれなくて入り口から聴いている人もいた。文鹿さんによると、そばを130人分用意していたが足りなくなり、急遽追加分をそば屋さんが打っているとのこと。

かい枝さんは当日、この「そば打ち寄せ」の前に兵庫県川西市と姫路市で2つの落語会が予定されていたが、どちらもインフルエンザのせいで中止になったそうだ。「キャンセル料は、勿論貰えません」……噺家さんたちも大変だ。

「そば打ち寄せ」は今回が第19回目。次の記念すべき第20回は名人・桂 文太さんと、文鹿さんと同期の桂 吉弥さんが初出演されるとか。またまた大盛況になることは間違いない。

|
|

« 中野振一郎×高田泰治/チェンバロ対決!@大阪倶楽部 | トップページ | 立川談春 25周年スペシャル独演会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

信州人としては、蕎麦と来たら、聞かないわけにはいきません。

蕎麦は、いかがでしたか?

投稿: 鯉太郎 | 2009年5月25日 (月) 17時19分

僕は仕事で約3年間、香川県高松市に棲んでいたので、うどんについては一家言あるのですが、蕎麦の善し悪しについては正直分かりません。でも、とても美味しかったですよ。

ちなみに大阪で僕が美味しいと太鼓判を押せるうどん屋は、梅田の「はがくれ」、難波の「釜たけ」、そして堺の「美曽乃」です。あ、カレーうどんなら昭和町の「瀬戸香」や西宮北口の「番馬亭」も好きですね(←最後は兵庫県ですけれど)。

投稿: 雅哉 | 2009年5月26日 (火) 00時18分

これ、めちゃくちゃお得ですね~。

知ってたら行ってましたわ(笑)。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年5月28日 (木) 00時48分

ぽんぽこやまさん、次回の第20回公演は10月24日(土)だそうです。出演陣も豪華ですし、是非お立ち寄り下さい!

投稿: 雅哉 | 2009年5月28日 (木) 12時33分

情報ありがとうございます~m(_"_)m。
都合つけて行きたいですね。吉弥さんも来るなら
早い目に行ったほうがいいかな。

あ、さぬきうどんと違って大阪のうどんは腰抜けと
言われてて、腰のないのが特徴です。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年5月28日 (木) 22時14分

大阪うどんの代表格、「道頓堀 今井」は確かに腰抜けですね。麺よりも出汁を味わうという印象です。千日前の「千とせ」なんか、麺抜きの《肉吸い》が名物だったりします。

僕が先のコメントに挙げたうどん屋は腰のある讃岐系ばかりです。これらは自信を持ってお勧め出来きる麺勝負のお店です。

投稿: 雅哉 | 2009年5月29日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/45118513

この記事へのトラックバック一覧です: そば打ち寄席(5/23):

« 中野振一郎×高田泰治/チェンバロ対決!@大阪倶楽部 | トップページ | 立川談春 25周年スペシャル独演会 »