« 笑福亭たまの実験落語会"NIGHT HEAD"~第2章@コモンカフェ(4/13) | トップページ | 赤壁 決戦天下/レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- »

2009年4月15日 (水)

キンボー・イシイ=エトウ/大阪シンフォニカー定期「春の息吹」

ザ・シンフォニーホールで大阪シンフォニカー交響楽団の定期演奏会を聴いた。タクトを振ったのは、この春から首席客演指揮者に就任されたキンボー・イシイ=エトウさん。

Osaka

曲目は、

  • ブリテン/シンプル・シンフォニー
  • ストラヴィンスキー/ピアノと管楽器のための協奏曲
  • シューマン/交響曲 第1番「春」

ストラヴィンスキーのピアノ独奏は岡田博美さん。達者なテクニックの持ち主。端正なタッチで、とても良かった。

オーケストラはブリテンが弦楽合奏のみで、ストラヴィンスキーが管楽器+コントラバス。そしてプログラム後半のシューマンで両者が合体するという構成がニクイ。

弦はいずれも対向配置。客席から向かって舞台左から右へ、1st.Vn.→Vc.→Va.→2nd.Vn. と並んだ(つまり1st.と2nd.Vn.が指揮台を挟んで向かい合う)。コントラバスは1st.Vn.の後方、舞台下手(客席から向かって左側)と中々面白い趣向。1st.と2nd.Vn.の掛け合いが手に取るように分かる。

キンボー・イシイ=エトウさんを聴くのは今回が初めて。グイグイとオケを引っ張っていき、音楽に推進力がある。キュッと引き締まった緊張感は最後まで途切れることがない。シューマンの交響曲は生命力に溢れ、春を謳歌する光で輝いていた。終楽章はパンチが効いていて実に爽快。素晴らしい資質、音楽的センスを持った指揮者だ。

ただオーケストラに関して、弦は問題ないのだがファゴットの出だしのタイミングがズレたりと、管楽器のアンサンブルが乱れる箇所が散見されたことは今後の課題であろう。

弦高管低。これは在阪オケ(そして恐らくは多くの日本のオケ)が抱える問題点である。大フィルはトランペットがお粗末だが、その点シンフォニカーの2人は巧い。しかしその反面、シンフォニカーはホルンが心許ない。ホルンに関する限り大フィルの方が実力は上(ただし、ピッチはしっかり合わせて欲しい)。まあ、一長一短といったところか……。

 関連記事:

|
|

« 笑福亭たまの実験落語会"NIGHT HEAD"~第2章@コモンカフェ(4/13) | トップページ | 赤壁 決戦天下/レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44673557

この記事へのトラックバック一覧です: キンボー・イシイ=エトウ/大阪シンフォニカー定期「春の息吹」:

« 笑福亭たまの実験落語会"NIGHT HEAD"~第2章@コモンカフェ(4/13) | トップページ | 赤壁 決戦天下/レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- »