« 上方落語の噺家たち/今、この十人が面白い | トップページ | 厳重に監視された列車 »

大植英次/大フィルのマーラーが、東西にもたらした衝撃を再考する。

大植英次/大阪フィルハーモニー交響楽団が東京公演および大阪定期で披露したマーラー/交響曲第5番の意表を突く解釈をめぐり、東西で大騒ぎになっている。大フィルの演奏がこれほど多くのブログに取り上げられたのは前代未聞だろう。東京公演を聴かれた方は概ね大植さんのマーラーに対して否定的で、大阪はさすが地元だけあってファンが多く、肯定的意見に傾いているという地域の温度差も面白い。ちなみに僕の意見は下記記事に書いたとおり。

その解釈の是非は置いておいて、平成20年度まで大阪府から貰っていた補助金+貸付金=1億2千万円が来年度より廃止され、窮地に立たされた大フィルにとって、世間の注目を集めるということは大いに意味があることだろう。一番いけないのは可もなく不可もない平凡な演奏をして、人々の口にものぼらないことではないだろうか?これだけ物議を醸したのだ。ライヴCDを出せば、かなり売れるだろう。

今を溯ること数十年前、マーラーは長大で支離滅裂な交響曲を書いた人と見なされ、マイナーな作曲家でしかなかった。レナード・バーンスタイン/ニューヨーク・フィルが世界初となる交響曲全集のレコーディングを完成させたのは、やっと1960年代後半のことである。カラヤンがマーラーを初録音したのは1972年。64歳のときだった(第5番)。これがルキノ・ヴィスコンティ監督の映画「ベニスに死す」が公開された翌年であるのは決して偶然ではないだろう。また、フルトヴェングラーはマーラーの交響曲を生涯一度も振っていない

レニーが初めてウィーン・フィルでマーラーを取り上げた時も、楽員たちは「どうしてこんな曲を俺たちが演奏しなくちゃいけないんだ?」と馬鹿にした態度で、失笑しながら弾いている弦楽奏者もいたそうだ。レニーが「これは君たちの音楽じゃないか。どうして真剣に取り組まないんだ!?」と激怒したというエピソードは余りにも有名である。

だからマーラーの交響曲が普通に名曲として扱われ、CDの種類も沢山あってコンサートでも人気が高いという現状の方が僕はむしろ尋常ならざることのように想われる。

前にも考察したとおり本来マーラーの交響曲は病的に膨張し、歪んだ、奇怪な音楽である。でも我々は綺麗に流れて耳に心地よい、オブラートにくるまれたマーラー演奏を聴き慣れてしまった。

そこへ今回大植さんがマーラー本来の姿を、グロテスクなまま提示された。だから多くの人々が生理的嫌悪感、拒否反応を催したのかも知れない。

マーラーの音楽は非常に人間的である。誇大妄想、自己矛盾、混沌としたその世界は、複雑な現代社会に生きる我々の姿そのものである。故に20世紀後半になって多くの人々の共感を得たのであろう。しかし誰だって、醜い姿に成り果てた自分自身を鏡で見たいとは想わない。大植さんは敢えてそれをされた。それがこの騒動の真相なのではないだろうか?

ベートーヴェンのスコアには作曲者自身が書いたメトロノームによる速度表記がある。それは当然、遵守されなければならない。演奏家は楽譜に書かれた以外のことを付け加えたり、差し引いたりすべきではない。だから僕は大植さんのベートーヴェンを評価しない(メトロノーム記号を無視してもよいという根拠がもしあるのなら、どなたか是非教えて下さい)。しかし今回のマーラーに関する限り、スコアに書かれたことを読み込んだ結果あのような演奏になったのではないだろうか。僕にはそう想えるのである。

ところで今回のコンサートでは大植さんの激痩せも話題になっており、健康不安説やマーラーの解釈と絡めて論じているブログも散見された。しかしその意見は正鵠を射たものではないと僕は考える。

2007年2月に大植さんは首を痛めてドイツの病院に入院され、大フィルの定期演奏会(マーラー/交響曲第9番)をキャンセルされた。続く6月、下記のような大変な出来事もあった。

そして同年11月末から12月にかけて、大植さんの体調は最悪だった。

あの頃に比べると今回のマーラーでは体も良く動いていたし、病気のようには見えなかった。むしろ健康のために計画的に痩せられたのではないかという気がした。調べてみると指揮者の岩城宏之さんも罹患された頸椎後縦靱帯骨化症は肥満が病気の一因だそうだ。つまり、首の病気は減量することにより再発予防に繋がるのである。

以前「大植英次、佐渡裕〜バーンスタインの弟子たち」という記事にupした写真をもう一度掲載しよう。

20080229074042_edited

どうです?昔の大植さんは痩身の青年だった。その頃の体型に戻されただけのことなのではないだろうか。

|
|

« 上方落語の噺家たち/今、この十人が面白い | トップページ | 厳重に監視された列車 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

>あの頃に比べると今回のマーラーでは体も良く動いていたし、病気のようには見えなかった。むしろ健康のために計画的に痩せられたのではないかという気がした。

私も終始その考えでした。去年の2月の東京演奏会の時だったか、サイン会で、ダイエットの話を聞かれて
『痩せた、8キロ落としました!頑張ります』
確かに聞きました。
あの時はまだ燕尾がなんとか体裁を保ってましたが、星空コンサートの時には白のジャケットがダボダボ・・その後の定期でも服が合ってなかったのですが、今回の演奏会ではピッタリ決まってました。
新調されたのだと思います、前向きな姿勢が分かります。
それに体調が悪ければ70分そこそこに振り逃げすればいい、90分の指揮とサイン会を週に3回も、東京ではアンコールも・・・寧ろ健康でないと出来ませんよね。

投稿: jupiter | 2009年3月 4日 (水) 12時04分

jupiterさん、仰る通りですね。

病気で弛緩した演奏ならば、音を聴けば分かります。今回のマーラーはピンと張り詰めた糸が最後まで切れない、極めて濃密な94分でした。

そういえば昨年のジャケットはぶかぶかでしたね。今回は身に合っていました。

投稿: 雅哉 | 2009年3月 4日 (水) 13時18分

メトロノーム表記について
この記号は確かに無視をしてはいけませんが‥
ベートーヴェンの時代はまだメトロノームという器具が正確ではなかったので「ベートーヴェンのメトロノーム表記は必ずしも信用できない」というのが定説です。*参考にはすべきですが。。。
他にも耳が聞こえなくなってからさらに速い速度表示がなされているという説もあります。つまりベートーヴェン本人が考えているテンポより速い表記になっている可能性が高いということ‥
また、もともと医学器具であった由縁か作曲家によっては(もちろん古い時代に限りますが)現在の2カウントを1カウント分として表記してる場合があります。
時折倍ほど速くて演奏不可能な表記があるのはその為です。
まあテンポに関してはアンダンテなども時代や作曲家によって変わってくるので色々ですけどね(^_^;)
とにかく近年の作品になればなるほどメトロノーム表記は守らなくてはいけない‥ただし本人が書いた指示かどうかを確かめる必要があるけど(^_^;)

投稿: Tちゃん | 2009年3月23日 (月) 17時10分

Tちゃん、コメントありがとうございます。中々興味深いご意見で参考になりました。

>他にも耳が聞こえなくなってからさらに速い速度表示がなされているという説もあります。

この説は根本的に間違っていますね。何故ならば、メトロノームの振り子を視覚的に捉えれば、速度は自ずと分かるからです。つまり、耳が聞こえる必要は全くないのです。

>現在の2カウントを1カウント分として表記してる場合があります。

ベートーヴェンが指示したメトロノーム表記で演奏可能なことは、ピリオド楽器の演奏家たちが既に証明しています。それに、倍のテンポだと逆に遅すぎませんか?故にこれもベートーヴェンには当てはまりません。

「ベートーヴェンのメトロノーム表記は必ずしも信用できない」という《定説》は、即ちカラヤン、バーンスタイン、朝比奈が生きていた20世紀の常識であって、21世紀の現代では通用しないのではないでしょうか。

投稿: 雅哉 | 2009年3月23日 (月) 19時29分

確かに視覚的に振り子を見ているわけですけど‥本人の意志より速くなっているという説は「有り」です。
耳の状態が悪化するにつれどんどん速くなる彼の指揮では演奏出来なくて、彼の横にみんなが見て弾く為の指揮者が立っていたし‥
耳が悪くなくても‥演奏している時のテンポと頭で思い浮かべるだけの時のテンポが一致している人は意外と少ない‥
それと‥もちろんベートーヴェンは2カウントを1カウントにしている作曲家ではありません。あの文章から何故そう思われるのか不思議?

投稿: Tちゃん | 2009年3月30日 (月) 17時14分

>耳の状態が悪化するにつれどんどん速くなる彼の指揮では演奏出来なくて、彼の横にみんなが見て弾く為の指揮者が立っていたし

指揮する時はメトロノームを見ながら振るわけではないですからね。作曲する時とは条件が全く違います。耳が聞こえなくてもベートーヴェンは完璧なスコアが書けた。テンポだけ信用出来ないというのは根拠が乏しいです。

それからベートーヴェンの書いたメトロノーム記号が本当に信用出来ないのであれば、新しく出版されたベーレンライター版では削除されるべきなのではないでしょうか?

>もちろんベートーヴェンは2カウントを1カウントにしている作曲家ではありません

あの、僕はあくまでベートーヴェンについて書いているのです。紛らわしい一般論はお書きにならないで下さい。

投稿: 雅哉 | 2009年3月30日 (月) 20時59分

エンターテイメント日誌 様
 はじめまして。
フルトヴェングラーは少なくとも、第二次大戦前、
マーラーの交響曲をベルリンで8回振っています
(残念ながら音源は残っていないようです)。
すべてベルリン・フィルの演奏会です。
 以下の通りです。
・1924年3月2日、1924年3月3日=交響曲第3番
 ベルリン・フィル、ベルリン聖チェチーリア合唱団、
 ニコライ教会少年合唱団、エルガー(アルト)
・1925年3月1日、1925年3月2日=交響曲第1番「巨人」
 ベルリン・フィル
・1929年2月3日、1929年2月4日=交響曲第1番「巨人」
 ベルリン・フィル
・1932年1月24日、1932年1月25日=交響曲第4番
 ベルリン・フィル
 以上です。

投稿: Fur | 2013年4月16日 (火) 17時39分

Furさま、コメントありがとうございます。全くその事実は知りませんでした。ご教示感謝致します。

本文を訂正しても良いのですが、そうするとFurさまのコメントの意味が読者に分からなくなってしまうので、このままに致します。

ヒトラーが首相に任命され、ナチス・ドイツが政権を握ったのが1933年。つまりそれ以降、フルトヴェングラーは一切マーラーを振っていないということになりますね。彼とナチスの関係、そしてメンデルスゾーンを含むユダヤ人作曲家に対する態度の変遷。興味深いテーマです。

投稿: 雅哉 | 2013年4月16日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44220649

この記事へのトラックバック一覧です: 大植英次/大フィルのマーラーが、東西にもたらした衝撃を再考する。:

« 上方落語の噺家たち/今、この十人が面白い | トップページ | 厳重に監視された列車 »