« 大フィルよ、何処へ(Quo Vadis ? ) | トップページ | PACオケ定期に神尾真由子 現る! »

高田泰治の弾く、J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲

大阪倶楽部であった高田泰治さんのチェンバロ・リサイタルに足を向けた。

20090313205524_edited

僕が過去、高田さんを聴いた時の感想は下記。

今回、使用された楽器は1730年製フレンチモデルの2段鍵盤チェンバロ「ブランシェ」。演奏されたのはJ.S.バッハ渾身の大作、ゴルトベルク変奏曲。そう、「羊たちの沈黙」の主人公ハンニバル・レクター博士の愛聴曲である。ただし、彼が好きなのはグレン・グ−ルドが弾くピアノ版だが。また、細田守 監督の傑作アニメーション「時をかける少女」ではこのゴルトベルクの第1変奏が非常に効果的に使われていた(新作「サマーウォーズ」が待ち遠しい!)

高田さんは的確なテクニックを持った将来有望なソリストである。現在も定期的にドイツに赴き、フォルテピアノ&チェンバロをミュンヘン音楽大学のクリスティーネ・ショルンスハイムに師事している。ショルンスハイムはフォルテピアノの第一人者、アンドレアス・シュタイアーの弟子であり、つまり高田さんはその孫弟子ということになる。

高田さんのバッハが素晴らしいのは、曲中でテンポが決して揺れないことである。その点が、難所に来るとテンポが落ちるトン・コープマンとの違いである。感情的に緩急が変化しても良いのはロマン派以降の話であって、絶対音楽であるバッハに人間的感傷は不要である。

弾き方は淡々としているが均整のとれた美しさがあり、真っ直ぐに、さらなる高みへと昇り続ける端正なバッハの姿がそこにはあった。

20090313205809_edited

|
|

« 大フィルよ、何処へ(Quo Vadis ? ) | トップページ | PACオケ定期に神尾真由子 現る! »

古楽の愉しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44341544

この記事へのトラックバック一覧です: 高田泰治の弾く、J.S.バッハ/ゴルトベルク変奏曲:

« 大フィルよ、何処へ(Quo Vadis ? ) | トップページ | PACオケ定期に神尾真由子 現る! »