« 「厄払い」「住吉駕籠」/桂吉弥の《新》お仕事です。 | トップページ | 世紀末ウィーンの知られざる交響曲/フックス、滅びの美学〜大阪シンフォニカー定期 »

2009年2月14日 (土)

南紀白浜への旅

和歌山県の白浜温泉にふらり旅をした。

Shirara02

本当に真っ白の砂浜で驚いた。

Shirara03

波打ち際の透明度も高く、とても美しい海である。

泊まったのは海舟という宿。海に臨む露天風呂や貸切風呂もあり、居心地が良かった。

夜はクエ尽くしの料理に舌鼓を打つ。たくさんの種類がある梅酒も美味なり。

Minabe02

丁度、南国紀州では梅が満開だった。

Minabe01

南部(みなべ)梅林は見渡す限り花の海。その圧倒的規模は吉野の山桜を想い出させた。
 

Minabe03   

心に残る素敵な旅となった。

|
|

« 「厄払い」「住吉駕籠」/桂吉弥の《新》お仕事です。 | トップページ | 世紀末ウィーンの知られざる交響曲/フックス、滅びの美学〜大阪シンフォニカー定期 »

旅への誘ひ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
白浜の砂浜、すごくきれいですよね~。
タクシーの運転手さんがいらん事教えてくれたんですが(笑)、
実はもともとの砂は周辺の開発で少なくなってしまったので、
今あるものはオーストラリアからわざわざ輸入したものなのだそうです。
でも、海の水もすごくきれいですよね。
でっかいタコのすべりだいは、まだありますよね?(笑)

投稿: みなみ虫 | 2009年2月14日 (土) 18時52分

みなみ虫さん、コメントありがとうございます。砂を輸入している件は知っておりました。リゾート・ホテルが建ち並び、基本的に白浜は観光地として自分をアピールするコンセプトを誤っていると想います。純日本的な情緒で勝負すべきでしょう。黒川温泉や湯布院のように。その点で「海舟」は満足のいく宿でした。

投稿: 雅哉 | 2009年2月14日 (土) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44037643

この記事へのトラックバック一覧です: 南紀白浜への旅:

« 「厄払い」「住吉駕籠」/桂吉弥の《新》お仕事です。 | トップページ | 世紀末ウィーンの知られざる交響曲/フックス、滅びの美学〜大阪シンフォニカー定期 »