« 淀工&ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル/夢の共演! | トップページ | 月亭遊方のゴキゲン落語会/「隣人」「素顔のままで」 »

少年メリケンサック

評価:B

映画公式サイトはこちら

青春映画の佳作である。でも脚本・監督が劇団「大人計画」の宮藤官九郎(クドカン)だから一筋縄ではいかない、くせ球だ。そこが本作の魅力である。僕はクドカンの映画監督デビュー作「真夜中の弥次さん喜多さん」から大好きだ。病んでいる、でもパワフルな生命力に満ち溢れている。

本作には「パンクは生き様だ」という台詞が登場する。渋いねぇ~。佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一らおじさんたちが頑張っている姿はいとおしい。

Boy

クドカン自身、パンクバンド「グループ魂」のメンバーなので、映画にリズムと躍動感がある。

しかし何と言ってもこの映画最大の魅力は宮崎あおいであろう。彼女の弾けっぷりがいいし、観ていて爽快感がある。「篤姫」とは180°違ったヒロイン像を見事に創りあげている。その女優魂、天晴れなり!

「少年メリケンサック」であおいちゃんの彼氏を演じているのが勝地涼。ふたりのやり取りを聞いていると、篤姫とジョン万次郎のことを懐かしく想い出した。でも全く、キャラがかぶってはいないのだけれど。

|
|

« 淀工&ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル/夢の共演! | トップページ | 月亭遊方のゴキゲン落語会/「隣人」「素顔のままで」 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44090165

この記事へのトラックバック一覧です: 少年メリケンサック:

« 淀工&ミ・ベモルサクソフォンアンサンブル/夢の共演! | トップページ | 月亭遊方のゴキゲン落語会/「隣人」「素顔のままで」 »