« 少年メリケンサック | トップページ | 村田陽一(Tb) at ロイヤルホース »

2009年2月18日 (水)

月亭遊方のゴキゲン落語会/「隣人」「素顔のままで」

ワッハ上方4F展示室内の小演芸場・上方亭で開催された月亭遊方さん(→公式サイト)の落語会に足を向けた。遊方さんは第2回繁昌亭創作賞を受賞されている。前回聴いた時の感想はこちら

20090217175032

演目は、以下の通り。

  • 月亭遊方/幕前戯噺(漫談)
  • 桂二乗/ふぐ鍋
  • 月亭遊方/隣人(ネイバーズ)
  • 月亭遊方/素顔のままで

20090217185320

「隣人」では"Neighbors"という歌がかかり、それと共に遊方さん登場。考えてみれば「素顔のままで」もビリー・ジョエルの歌のタイトル("Just the Way You Are")だし、彼の創作落語は「怪奇ホテル・オソレミオ」(イタリアのカンツォーネ)、「いとしのレイラ」~彼女のロック~(エリック・クラプトン)、「ゴーイング見合いウェイ」(ビング・クロスビー/"Going My Way")など歌にまつわるものが多い。さすが、《高座のロックン・ローラー》である。

遊方さんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。「素顔のままで」は彼が28歳の頃、レストランでアルバイトしていた経験を基に書かれた噺。その時既にテレビのレギュラー2本、ラジオを1本持っていたそうなのだが、家賃1万4千円のアパート暮らしでも生活していくことが困難だったとか。よしもとの給料が低いとは聞いてはいたが、まさかそれほどまでとは!

19時半に開演したゴキゲン落語会が終わったのが21時半前。補助椅子も出る盛況振りで、熱気があってとても愉しいひと時であった。

|
|

« 少年メリケンサック | トップページ | 村田陽一(Tb) at ロイヤルホース »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44099627

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方のゴキゲン落語会/「隣人」「素顔のままで」:

« 少年メリケンサック | トップページ | 村田陽一(Tb) at ロイヤルホース »