« 宴の後に〜魅惑のオスカー・ナイト2009 | トップページ | 春野寿美礼 IN ミュージカル「マルグリット」、そしてミシェル・ルグランの軌跡 »

つみきのいえ

評価:A

上映時間12分4秒。米アカデミー賞短編アニメーション賞受賞。加藤久仁生(かとう くにお)監督からの受賞後のメッセージや、本編映像の一部も掲載されている公式サイトはこちら

さらに「つみきのいえ」に関するインタビュー記事をご紹介しておく→こちら

加藤監督は現在31歳。鹿児島の小学生時代からマンガを描き始め、宮崎駿作品を見て育ったという。

アカデミー賞授賞式で読み上げられた"La Maison en Petits Cubes"というフランス語のタイトルが示すように、その絵柄や色彩感覚はどこかフランスのアニメーション、例えば「ベルヴィル・ランデブー」(シルヴァン・ショメ監督)を連想させるものがある。

Triplets

しかしそこで描かれる内容は詩的でノスタルジックであり、くっきりと独自性を打ち出すことに成功している。切なくて心に残る珠玉の作品である。

世界が水没していくという設定は、むしろ宮崎駿監督の「未来少年コナン」のイメージに近い。そしてそれは勿論、「崖の上のポニョ」に繋がっている。

加藤監督はオスカーを受け取った壇上で"Thank you,my pencil."とスピーチした。鉛筆書きへのこだわり。これも「崖の上のポニョ」が目指したものと一致している。

今更僕が言うまでもなく、宮崎駿という人は天才である。ただ、スタジオ・ジブリの辛いところは後継者が全く育たなかったということであろう。「ハウルの動く城」では外部から細田守監督(「時をかける少女」)を招聘したが、宮崎さんとの折り合いがつかず細田さんは去っていった。

しかし僕は本作を観ながら「嗚呼、宮崎駿の遺伝子をしっかりと受け継ぐ若い世代が、こんなところで育っていたのだな」と安心感を覚えた。本当によかった。

なお、「つみきのいえ」と同じく短編賞にノミネートされたピクサーの"PRESTO"は「WALL・E/ウォーリー」の前座として映画館で観たが、ギャグがちっとも面白くなく救いようのない駄作であった(こちらの評価はD-)。

最後に、僕がお気に入りの短編アニメーション(上映時間30分以下)を列記しておく。

  • 三匹の親なし子ねこ(ウォルト・ディズニー・スタジオ、アメリカ)1936
  • 風車小屋のシンフォニー(ウォルト・ディズニー・スタジオ、アメリカ)1937
  • 人魚(手塚治虫、日本)1964
  • 霧につつまれたハリネズミ(ユーリ・ノルシュテイン、ロシア)1975
  • ヴィンセント(ティム・バートン、アメリカ)1982
  • ルクソーJr.(ピクサー・アニメーション・スタジオ、アメリカ)1986
  • 迷宮物件 FILE538(押井守、日本)1987
  • 木を植えた男(フレデリック・バック、カナダ)1987
  • 大いなる河の流れ(フレデリック・バック、カナダ)1993
  • ウォレスとグルミット、危機一髪!(ニック・パーク、イギリス)1995
  • 老婦人とハト(シルヴァン・ショメ、フランス) 1998
  • 老人と海(アレクサンドル・ベドロフ、ロシア)1999
  • For the Birds(ピクサー・アニメーション・スタジオ、アメリカ)2000
  • 星をかった日(宮崎駿、日本)2006

|

« 宴の後に〜魅惑のオスカー・ナイト2009 | トップページ | 春野寿美礼 IN ミュージカル「マルグリット」、そしてミシェル・ルグランの軌跡 »

Cinema Paradiso」カテゴリの記事

アニメーション・アニメーション!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44172028

この記事へのトラックバック一覧です: つみきのいえ:

» つみきのいえ 長澤まさみ [ニュースBuono!]
つみきのいえ商品価格:1,470円レビュー平均:4.5つみきのいえ毎日新聞第81回米アカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した「つみきのいえ」(加藤久仁生監督)のDVDが、受賞後、1万本以上の注文が相次ぎ、大量に追加生産されることが分かった。加藤監督が手がけた同名の絵本版も緊急増刷され、絵本としては ...(続きを読む) つみきのいえとおくりびとつみきのいえも先日見た。 心が癒される。 つみきのいえもおくりびとも似ている。 それは、ごく普通に生きる人の人生やいのち、生活、つまり、英語で言えばラ... [続きを読む]

受信: 2009年2月26日 (木) 07時59分

« 宴の後に〜魅惑のオスカー・ナイト2009 | トップページ | 春野寿美礼 IN ミュージカル「マルグリット」、そしてミシェル・ルグランの軌跡 »