« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」とスコット・フィッツジェラルドのこと | トップページ | 二代目桂春蝶十七回忌追善落語会 »

文太の会 in 虎武士亭 (2/8)

居酒屋「虎武士(こぶし)」西田辺店で小の月(二、四、六、九、士 月)に開催されている、桂文太さんの落語会に往った。

20090208131200

  • 林家市楼/青空散髪
  • 桂 文太/高倉狐
  • 桂 三歩/私がパパよ!(三枝 作)
  • 桂 文太/らくだ

20090208131517_edited

「青空散髪」は市楼さんの祖父、(三代目)林家染語楼の創作。お世辞にも噺の出来が良いとは言えず、詰まらなかった。会場が受けなかったため市楼さんもへこまれていたようで、虎武士亭初登場となった三歩さんが後の飲み会の席で「市楼君の高座を横で聞いていて、この会は笑わせなくて良いのかと安心しました」と仰り、こちらは大爆笑となった。

三歩さんは、さすがベテランの味。文太さんは飄々とした語り口で聴衆を魅了した。正に名人芸である。なお、「らくだ」は登場人物ふたりが漬物樽を棺桶代わりにして、らくだを長屋から運び出す後半部分は省かれたバージョンであった。

落語の後は演者を囲んでの宴会となった。落語代1,300円+飲食代(飲み放題)1,800円で〆て3,100円。14時開演で18時にお開きとなった。大変愉しい午後のひと時であった。

|
|

« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」とスコット・フィッツジェラルドのこと | トップページ | 二代目桂春蝶十七回忌追善落語会 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/44005054

この記事へのトラックバック一覧です: 文太の会 in 虎武士亭 (2/8):

« 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」とスコット・フィッツジェラルドのこと | トップページ | 二代目桂春蝶十七回忌追善落語会 »