« 2008年映画個人賞はこの人に! | トップページ | ラスベガス便りその1 《オペラ座の怪人》 »

2008年12月29日 (月)

劇団四季のオペラ座の怪人はカラオケらしい。

という訳で、大阪四季劇場で上演中の「オペラ座の怪人」(カラオケ版)を再び観たいとは想わないので、明日からラスベガスに旅発つことにした。ハロルド・プリンス新演出によるベガス版「オペラ座の怪人」を鑑賞するためである。公式サイトはこちら

ついでに、シルク・ドゥ・ソレイユの人気演目"O"も観る予定。

O_

上記2作品は既にチケットを押さえてあるが、他は未定。現地でゆっくり考えるつもり。宿泊するホテルはパラッツオ。

気が向けばベガスでブログの更新をするかも知れないが、約束はしない。

しばしのお別れである。良いお年を!

|
|

« 2008年映画個人賞はこの人に! | トップページ | ラスベガス便りその1 《オペラ座の怪人》 »

旅への誘ひ」カテゴリの記事

舞台・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

大阪での四季のカラオケはひどいですよね。
東京でもずっとカラオケでしたが、生オケを使うようになって久しいのです。

四季がカラオケを使うようになったのは西新宿で「キャッツ」が上演されるようになってからでしょうか。それ以前は東京では見ていませんので、記憶のほどは定かではありませんが。

もちろん、「キャッツ」以前は大阪では一ヶ月単位の公演はほとんどなく、地方公演の一環として数日間しか上演されていませんでしたから、それならある程度あきらめもつきました。

でも、今は大阪でもずっとロングランしている時代。大阪でオーケストラを編成できるのではないでしょうか。私も最近は四季から遠ざかっています。

昔の梅田コマで「レ・ミゼ」が上演されたとき、オケボックスがなかったので、どうなっているのかと思っていたら、舞台に奥行きがあるので、舞台の奥、ホリゾントの裏側で演奏していたとか。工夫したもんだなと感心しました。

東京でもカラオケを使っていたときは、「ウエストサイド物語のような、ものすごく振り付けが複雑な作品の場合、指揮者のタクトの振りのタイミングがちょっとずれただけでも、俳優にとっては骨折しかねないほど危険だからだ」とか、「テープといえども、生に劣らないほど音に厚みが出るようにしてある」とうそぶいていましたが、東京で生オケが使われるようになった今、この言い訳は通用しませんよね。

俳優と違って、大阪でオーケストラを編成できるわけですから。これは福岡などにも言えることです。

四季を見てから宝塚を見に行くと、たとえ作品の出来が少々良くない場合でも、こちらは生オケで、料金も良心的だというだけでうれしくなります。宝塚でカラオケが使われたのは、オーケストラの団員がストをしたときだけだと記憶しています。こちらのほうは、ちょっとした話題になり、一般紙の社会面にまで記事が出た記憶があります。

投稿: ぽんぽこやま | 2009年1月17日 (土) 10時31分

世界広しといえども、「オペラ座の怪人」をカラオケで上演しているのは劇団四季ただひとつでしょうね。

四季は昨年末に入場料金を値下げしたので、ますます大阪での生演奏実現が難しくなってきました。

投稿: 雅哉 | 2009年1月17日 (土) 20時44分

カラオケのミュージカル やるだけムダ 大阪のキャッツ 福岡のライオンキング カラオケ オーケストラの無い ミュージカル 最低 

投稿: *** | 2013年4月29日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/43552794

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季のオペラ座の怪人はカラオケらしい。:

« 2008年映画個人賞はこの人に! | トップページ | ラスベガス便りその1 《オペラ座の怪人》 »