« トロピック・サンダー/史上最低の作戦 | トップページ | アカデミー賞の司会者、ヒュー・ジャックマンへの期待 »

枝雀一門の上方落語協会復帰に寄せて

故・桂枝雀のお弟子さんたちが上方落語協会を脱会している問題について、僕は以前下記記事で論じた。

そして今日、そのうち雀三郎さん、雀松さん、九雀さん、む雀さんの協会復帰が報道された。詳しくは→朝日新聞の記事

これによると南光さん、雀々さん、文我さんは復帰を見送ったそうだが、将来に明るい希望が見えてきた。大変めでたいことである(記事には八番弟子・紅雀さんの名前がないのだが??)。

今年6月に桂三枝さんが上方落語協会会長に再選され、続いて発表された新執行部では笑福亭鶴瓶さんが副会長、桂ざこばさんが代表理事に抜擢されている。ざこばさんと鶴瓶さんは南光さんと親しい間柄であり、これは南光さんの復帰を期待する人事ではないかと睨んでいる。

三枝さんの仰る《革命の記念碑》繁昌亭が、ますます輝きを増して見えるのは僕だけではないだろう(→三枝さんのブログへ)。

 関連記事:

|
|

« トロピック・サンダー/史上最低の作戦 | トップページ | アカデミー賞の司会者、ヒュー・ジャックマンへの期待 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/43446984

この記事へのトラックバック一覧です: 枝雀一門の上方落語協会復帰に寄せて:

« トロピック・サンダー/史上最低の作戦 | トップページ | アカデミー賞の司会者、ヒュー・ジャックマンへの期待 »