« その土曜日、7時58分 | トップページ | 玉造・猫間川寄席(11/19) »

神尾真由子 登場!~大植英次/大フィル 定期

大植英次/大阪フィルハーモニー交響楽団(コンサートマスター:長原幸太)の定期演奏会をザ・シンフォニーホールで聴いた。

20081118180333_edited

プログラムは、

  • ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
  • ブラームス/交響曲第1番

オケはどちらも対向配置。ベートーヴェン・チクルス同様にブラームスはコントラバスが後方横一列に並んだのに対し、コンチェルトでは客席から向かって左方に配列された(ティンパニが右方)。

また、ベートーヴェンの交響曲ベルリオーズ/幻想交響曲ではスコアに記された全ての繰り返し記号を遵守した大植さんだが、ブラームスの第1楽章提示部の繰り返しは省略された。その意図は不明である。

コンチェルトで登場したのはチャイコフスキー国際コンクールで優勝した神尾真由子さん。神尾さんのリサイタルを集中的に聴いた感想は下記記事に書いた。

20081118234113_edited

まずはプログラム後半の感想から。

一言で言えば凡演。テンポが遅く、リズムが重くて野暮ったいブラームス。特に第4楽章序奏のピチカートは前代未聞のスロー・テンポで、のけ反った。その後に登場するホルンが朗々と旋律を吹く場面では、僕はいつも霧が晴れ青空が広がっていくアルプスの風景を想い描くのだが、大植/大フィルの演奏はここに至ってもモヤモヤしたまま。不完全燃焼のうちに曲は終結した。

しかし、ベートーヴェンは神尾さんのソロにぴったり寄り添う大植さんの指揮の巧さが光った。冒頭から軽やかで柔らかい響き。弾力があり自発性に富む演奏で彼女を守り立てた。

神尾さんは燃え上がる炎を内に秘めたヴァイオリニストである。幼い頃は、その激しい感情の起伏を抑えることが難しかったそうだが、現在は見事にそれをコントロールする術を身に着けている。ベートーヴェンも抑えるところは抑え、しかし神尾さんの資質である力強さと迸るパッションは決して失われることはない。そして第1楽章と第3楽章のカデンツァでは自分の感情を解き放ち、若馬のように跳躍したヴァイオリンが縦横無尽に天駆ける。圧巻!

20081118200015_edited

アンコールのパガニーニも才気煥発、恐るべし。是非いつの日か、神尾さんの弾くコルンゴルト/ヴァイオリン協奏曲も聴いてみたいものである。コンクールの予選でワックスマン/カルメン幻想曲を取り上げた彼女のことだ、期待してもいいだろう(どちらもハリウッドの映画音楽作曲家で、ヤッシャ・ハイフェッツが初演している)。大フィルさん、お願いしまっせ!

記事関連ブログ紹介:
不惑ワクワク日記(同じ演奏会を聴かれた感想)

20081118213202_edited

|
|

« その土曜日、7時58分 | トップページ | 玉造・猫間川寄席(11/19) »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、トラックバック有難うございました。

神尾さんのサイン、なかなか可愛いですね(^^)。ステージマナーも、まだちょっとオドオドしている感じがして、ほほえましかったです。

でも、これからさらに大きく飛躍してほしいなあと。関西出身、応援していきたいです。

投稿: ぐすたふ | 2008年11月19日 (水) 15時15分

ぐすたふさん、コメントありがとうございます。

神尾さん、演奏に関しては既に堂々とした風格さえ感じさせますが、まだ22歳なんですよね。

現在もチューリッヒ音楽院で研鑽中とのことで、更に高いところへどんどん登っていくことでしょう。

投稿: 雅哉 | 2008年11月19日 (水) 22時51分

寒い中、並ばれたのですね~
それにしても22歳だなんて信じられないです。
前回拝見したのは芸文で、チャイコフスキーで優勝した後で、どこへ行っても、いつでもチャイコフスキーで、あるTVのインタビューで
『正直、ちょっぴり飽きてます』
なんておっしゃってたのが若者っぽくて、やんちゃな雰囲気で可愛かったです。

あれからまだそんなに経ってないのに、一皮も二皮も剥けた感じです。

投稿: jupiter | 2008年11月21日 (金) 22時55分

jupiterさん、コメントありがとうございます。芸文は聴いていないのですが、確か当初シベリウスの予定だったのでは?優勝後にプログラム変更になったのでしょうか。

来年3月は芸文で神尾さんがブラームスのドッペルコンチェルトに登場ですね。チケット買いましたよ〜。とても愉しみです。でも記事本文で書いたように、本当はコルンゴルトとか、プロコフィエフ、バルトーク、ベルク等、彼女の弾く20世紀の音楽が聴きたいです。

投稿: 雅哉 | 2008年11月22日 (土) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/43151023

この記事へのトラックバック一覧です: 神尾真由子 登場!~大植英次/大フィル 定期:

« その土曜日、7時58分 | トップページ | 玉造・猫間川寄席(11/19) »