« 日本テレマン協会/教会音楽シリーズ「メサイア」 | トップページ | 宝塚月組「夢の浮橋」「Apasionado !! 」 »

コンサートマナー考

コンサートマナーについて検索したらこんなベージに出くわした。

僕が大阪に来たのは今から約3年半前。それまでは仕事で中国・四国地方を転々とし、各都市(岡山市・広島市・高松市・松山市など)でクラシック・コンサートを聴いていた。

大阪フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会にザ・シンフォニーホールに足を運ぶようになり、まず最初に驚いたのは客席のマナーの悪さである。

演奏中に隣の人と話をする、ビニール袋からカサカサ音を立てチラシを取り出す、飴の包みをクシャクシャと開ける……。ホール内飲食禁止なのに、大阪人は飴が食べ物だという認識がないのだろうか?ちょっと他所では考えられない事態である。指揮者がタクトを下ろす前に拍手したり、「ブラボー」の声を上げるのにも閉口した。この状況は大阪シンフォニカー交響楽団の定期も似たり寄ったりである。

そして何年か観察しているうちに気がついた。じつはこの行儀の悪い人たちの大半は年寄りの定期会員なのである。若い人たちはとても静かで、真剣に聴いている。一番騒がしいのは定期会員の集中する1階席中央付近と相場が決まっている。だから最近僕は1階席を避け、なるべく2階で聴くようにしている。

同じ大フィルでも、青少年のためのコンサートとか下野さんが指揮された吹奏楽ファンに捧げる企画など、定期会員が少なく客層が若いコンサートでは会場がとても静かだ。

兵庫芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会も心穏やかに聴け、雰囲気がとても良い。ここの第1回定期は2006年4月8日だった。つまりオケも若ければ、定期会員も若いからである。

そこで在阪オーケストラ事務局の方々に提案したい。マナーを知らない一部の定期会員たちに下記いずれかの啓蒙活動を行ってはどうだろう?

  • 演奏中に飴の包み紙を開けないよう場内放送する。
  • 兵庫県立芸術文化センターのようにマナーについてプログラムに記載する。

静寂の中、音楽だけにひたすら没頭出来る環境が、いつの日か大阪でも実現されることを切に願う次第である。

|
|

« 日本テレマン協会/教会音楽シリーズ「メサイア」 | トップページ | 宝塚月組「夢の浮橋」「Apasionado !! 」 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしております。
おっしゃることに激しく同意いたします。
会場側は、入場時にカメラチェックならぬ、ビニール袋チェック、カバンに鈴チェック、飴チェック(は、わたしも風邪を引いて喉がイガイガして咳が出そうな時に喉飴を口に入れてたことがあるので厳しくは言えませんが(笑)、もちろん演奏前に開けて、音はたてないようにしてました)、配ったフライヤーの一枚目には大きな字で目立つようにマナー一覧チラシをつけるようにして欲しいです。

それにしても何故せっかくタダでクロークに預けられるのに、それをしないんでしょか...。それと、何故それを今、演奏中にしなくてはならないのか?と言いたくなるような言動が多すぎます。特に年配の方々...。すぐ隣とかなら止めることができますけど、思わず「静粛に!」とか書いたプラカード持って行きたくなります(笑)。

ぶつぶつ長々とすみません。
来月、テレマンの第九(今年二度目ですが(笑))、楽しみです。

投稿: みなみ虫 | 2008年11月29日 (土) 09時43分

みなみ虫さん、コメントありがとうございます。

そうですね。本文に書き忘れましたが、演奏中に財布についた鈴をチャリンチャリン鳴らすおばちゃんたちもいます。

ザ・シンフォニーホールの入場時に大量のチラシを渡すのもいけないんですよ。僕は開演前にすべて捨ててしまいますが、演奏中に退屈した聴衆がこれをビニール袋から取り出して見始めるんですね。

第九deクリスマス、今年も愉しみですね。大阪の年末はこれに決まりです。

投稿: 雅哉 | 2008年11月29日 (土) 10時33分

こんばんは。今日のシンフォニー・ホールはなんやら雰囲気が異質…?と思えば「冠つき公演」でした。ベルリン・フィルなんですからわざわざ招待客を集めなくてもチケットは売れるでしょうに、ホールに行ったら「招待客はこちら」っていうプラカードが。で、ホール内では「携帯電源OFF」というプラカードを持った係員がうじゃうじゃしてました(笑)

飴…私はのどが弱いのでたまにのど飴を口に入れてることがあったりなかったり…でも、指揮者が入場する前に包み紙を剥ぐのは当然のマナーとして守っています。ついでに、オペラとかで身を乗り出すのもマナー違反でしょうねー。

ベルリン・フィルの感想はそのうちにUpしますので、よろしければご覧くださいませ。

投稿: Odette | 2008年11月30日 (日) 01時43分

Odetteさん、コメントありがとうございます。

咳を予防するための飴はアリだと想います。でも書かれているように演奏中にわざわざ紙包みを開く必要はないですよね。楽章間にしてもらいたいです。

投稿: 雅哉 | 2008年11月30日 (日) 09時42分

初めまして。
いつも楽しく読ませていただいております。

マナーについてですが、同感です。
渋谷のオーチャードホールは、パンフとは別に小さな紙に注意事項を書き、配布していました。
有り得ないことですが、大フィルのコンサートで複数の小銭が落ちる音を聞いたこともあります。
何故演奏中に小銭が?こちらは呼吸にすら気を遣っているというのに・・・。
ただ、ホール内はとても乾燥しているので、どうしても咳が出そうになります。迷惑にならない喉を潤す物ってないものでしょうか?

いずれにしても、人に迷惑を掛けないよう注意していきたいと思います。

投稿: JUN | 2008年11月30日 (日) 11時53分

JUNさん、コメントありがとうございます。

兵庫県立芸術文化センターは飴を禁止してはいません。ただし、プログラム最初のページに、どうやって飴の包みを開ければ他の人に迷惑が掛からないか、事細かに説明されています。大阪もこれくらいしないと駄目ですね。

上のコメントにも書いたのですが、確かに演奏中に財布を取り出して中身を確認するおばちゃんがいるんでよ。そしてそれに鈴が付いていて鳴る……。困ったものです。

投稿: 雅哉 | 2008年11月30日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/43231070

この記事へのトラックバック一覧です: コンサートマナー考:

« 日本テレマン協会/教会音楽シリーズ「メサイア」 | トップページ | 宝塚月組「夢の浮橋」「Apasionado !! 」 »