« 「ミス・サイゴン」の想い出 | トップページ | オードブルと愉しむ山崎 »

2008年10月12日 (日)

桂文我独演会

ワッハホール(大阪)にて。

  • 桂まん我/野ざらし
  • 桂  文我/景清
  • 桂   平治/源平盛衰記
  • 桂  文我/船弁慶

今回の独演会は落語と源平合戦がテーマであった。

特に「景清」は滑稽噺と人情噺の中間に位置する珍しいネタで、とても面白かった。

「船弁慶」は文我さんの師匠である枝雀さんも得意とされていたもの。生で初めて聴かせて貰った。夏のネタなのだが、「遊山船」と比べると高座にかかる機会は意外と少ない。

東京からのゲスト、平治さんは軽やかに「源平盛衰記」を。時事問題も時折絡め、巧みな構成で聴き応えあり。小朝さんの「源平盛衰記」も似たようなスタイルだったから、これはそういうネタなのかな?政治批判を入れたがるのはさすが江戸落語らしい。僕はやっぱり上方の方が好き。

 関連記事:

|
|

« 「ミス・サイゴン」の想い出 | トップページ | オードブルと愉しむ山崎 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42772528

この記事へのトラックバック一覧です: 桂文我独演会:

« 「ミス・サイゴン」の想い出 | トップページ | オードブルと愉しむ山崎 »