« 桂かい枝/凱旋公演 - I'M BACK ! - | トップページ | 一年ぶりの普門館 »

笑福亭たま "NIGHT HEAD"

10月11日(土)繁昌亭レイトショー、たまさんの落語会に往く。開演は午後9時45分、仲入り(休憩)なしで終わったのが11時15分頃だった。

20081011213132

  • 桂   ひろば/ろくろ首
  • 笑福亭たま/遊山船(その前にショート落語の新作あり)
  • 桂    米左/はてなの茶碗
  • 笑福亭たま/ベルゼバブの蠅(たま 作)
  • 笑福亭たま/果物ナイフ(たま 作)

僕は入門10年以下の上方若手落語家の中で、最も才能があるのがたまさんと桂 吉坊さんだと確信している。

端正で上品な吉坊さんの芸風に対して、たまさんのそれは些か下品で躍動感に富む。その資質の違いは即ち、米朝一門と笑福亭一門の差異でもある。今回客演の米左さんも、マクラで「米朝一門は一歩引いた芸風」と語られていた。このようにして伝統は見事に継承されているのである。

たまさんの新作二作品はまだいずれも未完成とのことだったが、特に「ベルゼバブの蝿」がすこぶる面白かった。たまさんは間違いなく落語作家としての才能もある。SF的要素のある作品だったが、故・桂 枝雀の創作した「SR」が星 新一的ショートショートの世界だったのに対して、たまさんのラディカルさははむしろ、筒井康隆に近いと想った。たまさんも枝雀さんを相当意識されているようで、ショート落語では《桂 枝雀の手ぬぐい -緊張の緩和- 》を披露された。

古典の「遊山船」は本来夏の噺で季節外れだが、たまさんによると「情緒を味わうタイプの噺なのでギャグが少ない。だから通常の落語会でこれをかけると、『コイツ、おもろくないやん』と思われるのが悔しいから今年はまだ2回しか演ってない」とのことだった。

このように "NIGHT HEAD"はたまさんの実験場でもある。貴方もこの、めくるめくディープな世界に参加してみませんか?

 関連記事:

|
|

« 桂かい枝/凱旋公演 - I'M BACK ! - | トップページ | 一年ぶりの普門館 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42761110

この記事へのトラックバック一覧です: 笑福亭たま "NIGHT HEAD":

« 桂かい枝/凱旋公演 - I'M BACK ! - | トップページ | 一年ぶりの普門館 »