« 吹奏楽の甲子園、普門館へ + 丸ちゃんと大フィルのこと | トップページ | 田辺寄席と「ちりとてちん」署名運動 »

復活 !! 落語と錦影絵の会

9月20日(土)、地下鉄・淀屋橋駅から歩いて御霊(ごりょう)神社へ。

20080920174848

明治時代にはこの境内に錦影絵の定席、”尾野席”があったそうだ。

Kagee

錦影絵の前に、幻燈や見世物小屋に縁のある落語も披露された。

  • 吉坊   /軽業
  • まん我/書割盗人
  • 米左   /豊竹屋
  • 小米朝/はてなの茶碗

今から200年前、オランダから伝えられた幻燈が上方では錦影絵、関東では写し絵という演芸に発展した。その歴史的背景はこちらに詳しい。

桂 米朝さんは昭和50年ごろ京都に住む最後の錦影絵師から道具を譲り受け、小米さんとべかこ(現・南光)さんを稽古に通わせたそうだ。その後、米左さんと吉朝さんがこれを受け継ぎ、現在は吉坊さんとまん我さんが操演されている。こうして錦影絵は米朝一門のお家芸(専売特許)になったという訳だ。

とても不思議な体験だった。ハイカラな色彩で、まるで明治時代にタイムスリップしたよう。チャン・イーモウ監督の中国映画「活きる」(1994)に登場した影絵芝居や、ジュリー・テイモアが演出したミュージカル「ライオンキング」に取り入れられたジャワ島の伝統芸能ワヤン・クリッ(Wayang Kulit)を想い出しながら興味深く観た。

影絵が終わり蛍光灯が点くと、とても眩しく、現代の夜が如何に明るいかを改めて肌で感じた。

|
|

« 吹奏楽の甲子園、普門館へ + 丸ちゃんと大フィルのこと | トップページ | 田辺寄席と「ちりとてちん」署名運動 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42542382

この記事へのトラックバック一覧です: 復活 !! 落語と錦影絵の会:

« 吹奏楽の甲子園、普門館へ + 丸ちゃんと大フィルのこと | トップページ | 田辺寄席と「ちりとてちん」署名運動 »