« トン・コープマン/チェンバロ&パイプオルガン・リサイタル | トップページ | クレメラータ・バルティカ&オーケストラ・アンサンブル金沢 »

上方落語競演会@兵庫芸文センター

9月23日(祝)、兵庫県立芸術文化センター・中ホールで落語を聴く。

20080923132003

考えてみれば、僕が初めて生で落語を聴いたのが去年のこの会だった。思へば遠く来たもんだ(by 中原中也「頑是ない歌」)。

20080924075504_edited

昼席の演者/演目は、

  • 桂 吉の丞/つる
  • 笑福亭たま/いらち俥
  • 桂      南光/胴切り
  • 桂 春團治/お玉牛
  • 桂    都丸/ろくろ首
  • 桂    文珍/宿屋仇

特に第2回繁昌亭輝き賞を受賞したたまさんがマクラで披露したショート落語オチを先に言う小話が最高に可笑しかった!

ショート落語を最初に演ったのは故・桂枝雀さんで、枝雀さんはこれを"SR"と命名した。"SF RAKUGO"というニュアンスも含ませたものだった(DVD「枝雀 落語大全 第二十八集」に収録)。星新一のショートショートみたいに、ちょっと考えさせるのが"SR"だったけれど、たまさんのショート落語はストレートな爆笑ネタを間髪入れず連射。いゃ~、才能あるわ。

たま版「いらち俥」を観るのはこれで2回目。相変わらずの体を張った熱演で飽きさせない。いみじくも南光さんが「格闘技みたいな落語」と評されたが、今その動向に目が離せない若手噺家である。

 関連記事:

春團治さんは華麗な芸で聴衆を魅了し、南光・都丸・文珍さんらベテランは語り口の上手さでじっくり聴かせ、笑わせた。充実した午後のひと時だった。

会がはねてザ・シンフォニーホールに移動し、今度はギドン・クレーメル率いるクレメラータ・バルティカを聴くことになるのだが、それはまた、別の話。

|
|

« トン・コープマン/チェンバロ&パイプオルガン・リサイタル | トップページ | クレメラータ・バルティカ&オーケストラ・アンサンブル金沢 »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42576444

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語競演会@兵庫芸文センター:

« トン・コープマン/チェンバロ&パイプオルガン・リサイタル | トップページ | クレメラータ・バルティカ&オーケストラ・アンサンブル金沢 »