« 天満天神繁昌亭・二周年特別興行 | トップページ | 復活 !! 落語と錦影絵の会 »

2008年9月22日 (月)

吹奏楽の甲子園、普門館へ + 丸ちゃんと大フィルのこと

昨年に引き続き、東京・普門館へ第56回全日本吹奏楽コンクール・高校の部を聴きに往くことになった。前半および後半、全29校。しっかり聴いて、また詳しくレポートします。ちなみに今年の入場券、前半の部は発売後約7分、後半の部は9分で完売したようだ。

 関連記事:

再び大阪から東京まで遠征しようと決意した原動力は勿論、丸ちゃんこと丸谷明夫 先生率いる淀工(淀川工科高等学校吹奏楽部)が大栗 裕/大阪俗謡による幻想曲を演奏するからである。彼らの俗謡は他の追随を許さない超一級品である。

 関連記事:

あと今回期待しているのは、昨年三出休みで聴けなかったコンクール常連高。東海大学付属第四高等学校(北海道)や柏市立柏高等学校(千葉県)、習志野市立習志野高等学校(千葉県)、春日部共栄高等学校(埼玉県)などである。そして金賞請負人、屋比久 勲 先生率いる鹿児島情報高等学校(初出場)がどのような成績を残すかも目が離せない。

 関連記事:

全国大会は、出場校のビジュアルを眺めるだけでも面白い。それぞれの土地、学校によって特徴があるからである。学ランで出るところ、ブレザーで出場するところ。ハープや弦バスの専用台のあるところ、ないところ。楽器が皆ピカピカの新品のところ、そうでないところ。「譜面隠し」(譜面台に置く下敷き)に学校のロゴが客席から目立つよう印刷されているところ。私立か公立かでも色々と事情が異なる。

あと肌の色に注目。例えば北海道代表の東海大学付属第四高等学校の生徒さんたちはとても白い!同じ日本でも緯度によってこれほど日照時間が異なるのかと改めて驚かされる。そして同じ地域でもマーチングで真っ黒に日焼けしている学校と、マーチングをしない学校では相当違ってくる(屋内でマーチング練習が出来る恵まれた学校は日焼けしていなかったりもする)。

Wind

さて、下野竜也/大阪フィルハーモニー交響楽団は《吹奏楽ファンに捧げる》という趣旨のコンサートを初めて開催する。そして、この司会を務めるのが何と丸ちゃん!このコンサートが行われる10/23というのがまた絶妙なのだ。全日本吹奏楽コンクールの日程が10/19。つまり全国大会が終わり丸ちゃんの手が空いた直後、そして淀工が11/23の全日本マーチングコンテストや来年1月のグリーンコンサート(今度の舞台は大阪城ホール)に向けて走り出す前という、これしかないというタイミング。全ては丸ちゃんのスケジュールを最優先に企画されたことが窺い知れよう。「祝典序曲」「ピータールー序曲」「アルメニアン・ダンス」など丸ちゃん好みの作品が並んでいる。

ただこの企画の致命的欠落はプログラムに大阪俗謡による幻想曲がないことであろう。管弦楽版は大フィルの前身である関西交響楽団朝比奈 隆の指揮で初演し、吹奏楽版を全日本吹奏楽コンクールで初演したのが丸ちゃん。そして下野/大フィルがNAXOSにレコーディングした管弦楽版CDは唯一の現役盤である。この三者が一堂に会するのに俗謡をしないとはなんたること!?

そうか!当然アンコールでするんだよね。それなら許す。演奏時間12分程かかるけれど。

さてこの演奏会、既にチケットぴあは完売で大阪フィル・チケットセンターでもA席しか残っていない。売れ行き絶好調である。これだけの需要があれば、是非第2弾も企画して欲しいところ。その際は下野さんが九州交響楽団を振った時に取り上げた名曲、フサ/プラハ1968年のための音楽を是非プログラムに入れて欲しい。それからヨハン・デ=メイ/交響曲第1番「指輪物語」管弦楽版なども面白いのではないだろうか?

 関連記事:

|
|

« 天満天神繁昌亭・二周年特別興行 | トップページ | 復活 !! 落語と錦影絵の会 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ご無沙汰しています。

今年も普門館に行かれるのですね。
無事にチケットもとれたようでよかったです。
楽しんできてください!
私は今週末の大学の部のチケット発売にチャレンジします。

そういえば全国大会一般の部の終了後の閉会式で、
主催支部の理事長さんがご挨拶されるのですよ。
今年から丸谷先生が関西支部の理事長に就任されたので、
もしかしたら丸谷先生のご挨拶がきけるかもしれませんね。

投稿: ごいんきょ | 2008年9月24日 (水) 22時22分

ごいんきょさま、コメントありがとうございます。

大学の部は土曜日で仕事なので、残念ながら往けません。龍谷大学が演奏する酒井 格さんの新曲「藍色の谷」は是非聴きたかったのですが。

その代わり、翌日の職場・一般の部には往こうかなと考えています。

投稿: 雅哉  | 2008年9月24日 (水) 23時42分

はじめまして。いつも楽しく拝読しております。
さっきまでは読むだけで満足していたのですが、
この大フィルスペシャルライブの記事を見て、
大急ぎで大フィルチケットセンターに電話をし、
A席ひとつ確保できました!!
今、すごくどきどきしています。
ほんとうにうれしいです。
この記事を書いてくださったことに、感謝です。
ありがとうございます。
当日までそわそわすることと思います。
取り急ぎお礼を言いたくて・・・ありがとうございました。

投稿: なー | 2008年9月25日 (木) 14時48分

なーさん、コメントありがとうございます。

きっと演奏会当日には丸谷先生から、コンクール全国大会において淀工が通算22回目の金賞を受賞したとの報告も聞けることでしょう。

拙記事がお役に立てて僕もとても嬉しいです。

投稿: 雅哉 | 2008年9月25日 (木) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42557001

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽の甲子園、普門館へ + 丸ちゃんと大フィルのこと:

« 天満天神繁昌亭・二周年特別興行 | トップページ | 復活 !! 落語と錦影絵の会 »