« 大阪クラシック2008 《3日目》 | トップページ | ジャズ・ピアニスト小曽根真 登場!サプライズの第66公演~大阪クラシック2008 《6日目》 »

2008年9月14日 (日)

大阪クラシック2008 《5日目》

9月10日(水)は仕事で四国の徳島に一泊。よって大阪クラシックには参戦せず。11日(木)に大阪に戻ったその足で、なんばパークスの第46公演。サクソフォン四重奏を聴く。

20080911170510

  • ヘンデル/サバの女王の入場
  • エスケッシュ/タンゴ ヴィルトゥオーゾ
  • デザンクロ/サクソフォン四重奏曲

初体験のデザンクロ(1912-1971)はサクソフォン・アンサンブルの定番だそうで、聴き応えのある傑作だった。

それにしても大阪クラシック、平日といえど何処へ往っても凄い人である。

20080912140912

続いてザ・フェニックスタワーに移動して第47公演。オーボエOb. ファゴットFg. そしてピアノPf. という珍しい組み合わせ。

  • フランセ/二つの小品(Fg. Pf)
  • フォーレ/パヴァーヌ(Ob. Pf)
  • ドビュッシー/月の光(Pf)
  • プーランク/トリオ(Ob. Fg. Pf)

オール・フランスものというプログラム構成が良かった。それにしてもフランセやプーランクという作曲家は本当に小粋でお洒落。次から次へと湧き起こってくる綺麗な旋律に陶酔。僕は死ぬほど好きだ。

さらにJRで福島に移動し、ザ・シンフォニーホールで第48公演。

20080911191144

大植英次/大阪フィルハーモニー交響楽団河村尚子(Pf)で、

  • ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第4番
  • レスピーギ/ローマの松

僕は大植さんが昨年したベートーヴェン・チクルスについては否定的意見を持っているが、この協奏曲は意外にも良かった。柔らかい響きで、伸びやかに歌うベートーヴェン。音楽の歓びに満ちた美しい演奏だった。昨年と違って大植さんの体調が現在、絶好調というのも関係しているのかも知れない。

そしてレスピーギ。華やかなオーケストレーション、演奏効果の高い派手な音楽は正に大植さんの独壇場。2階席のバンダ(金管別働隊)も大活躍。大見得を切ったパフォーマンスで聴衆を魅了し、4つの松それぞれの色分けが鮮明だった。

さて次回はお待ちかね、大阪クラシック・サプライズの第66公演!ジャズピアニスト・小曽根 真 登場の巻である。大阪市長が朗読を担当した最終公演のレポートも準備中。乞うご期待。 

|
|

« 大阪クラシック2008 《3日目》 | トップページ | ジャズ・ピアニスト小曽根真 登場!サプライズの第66公演~大阪クラシック2008 《6日目》 »

クラシックの悦楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42462828

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪クラシック2008 《5日目》:

« 大阪クラシック2008 《3日目》 | トップページ | ジャズ・ピアニスト小曽根真 登場!サプライズの第66公演~大阪クラシック2008 《6日目》 »