« ダークナイト | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 (8/3) »

お笑い怪談噺、そして落語でらくだ

最近往った落語会から。

20080731181637

まずは7月31日の繁昌亭。怪談噺で夏祭りだ。

20080731181514

  • 笑福亭 たま/七度狐
  • 林家   染雀/化物使い
  • 桂     米左/皿屋敷
  • 旭堂   南鱗/江島屋騒動(講談)
  • 笑福亭福笑/じたじた

講談は初体験だったが、想像したよりも聴き易かった。笑いやサゲ(落ち)のない落語という印象。

「じたじた」は「饅頭恐い」の半ばに登場する怪談噺を抽出したものだった。福笑さんの高座は、NHKで放送されたのを観たときは全く面白いと想わなかったが、実際に寄席で聴いたらなかなか良かった。やっぱり落語は生ものだな。本物の幽霊も登場。愉しかった。

そして翌8月1日金曜レイトショー(午後9時40分開演)

20080801211611

  • 林家染二/らくだ

遅い時間にもかかわらず、繁昌亭は9割の入り。さすが第2回繁昌亭大賞を受賞された染二さん。人気がある。

「らくだ」は、「百年目」「たち切れ線香」「地獄八景亡者戯」( じごくばっけいもうじゃのたわむれ)などと並ぶ、上方落語屈指の大ネタ。故・六代目笑福亭松鶴の十八番であり、昨年は弟子の鶴瓶さんが取り組んだ(→公式サイト)。

「らくだ」とは人の名前であり、屍体を弄んで笑おうという発想が関西らしくて凄い。このブラック・ユーモアはある意味、朝ドラ「ちりとてちん」で有名になった「算段の平兵衛」に通じるものがあり、若手の噺家では到底歯が立たない極めて難しいネタである。でもそこは染二さん、口跡滑らかに登場人物たちを巧みに演じ分け、軽やかに高座をこなされた。「ヨッ!日本一」

20080801211521

|

« ダークナイト | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 (8/3) »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/42039955

この記事へのトラックバック一覧です: お笑い怪談噺、そして落語でらくだ:

« ダークナイト | トップページ | 文太の会 in 高津の富亭 (8/3) »