« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | フィクサー »

初夏の兆しの薔薇

淀屋橋駅から歩いていけるフレンチ・レストランで、粋を凝らしたランチを満喫した。

その道中、中之島バラ園で満開の薔薇に遭遇し、ひと時を愉しんだ。

20080515143234

20080515143043 

その後、施設の規模縮小・移転騒動の渦中にあるワッハ上方に足を運び、演芸ライブラリーで爆笑王・桂 枝雀さんのDVDを愉しんだ。うん、やっぱり枝雀さんは天才だ。特にお勧めなのは「代書」「宿替え」「饅頭こわい」「愛宕山」「くっしゃみ講釈」などである。

あ、ちなみに僕は大阪センチュリー交響楽団の解散もワッハの移転も賛成である。ワッハは何も難波の一等地(「なんばグランド花月」向かい)にある必要は全くない。演芸ライブラリーも大阪府庁舎の一部にスペースを設ければ十分だろう。

ちなみにワッハ上方横山ノック知事時代に作られ、吉本興業が所有するビル内にある。大阪府は吉本に対して、年間2億8千万円の賃貸料を支払っているそうだ(一方、センチュリーへの府の補助金は昨年4億2千万円だった)。

ワッハセンチュリー存続のための署名運動について橋下知事は「府民や市民は署名はするが、お金を出してくれるのか。本当に文化を残すつもりなら1人1000円でも出してくれればいい」と述べたそうだが、けだし正論である。しかもセンチュリーの署名運動は日本オーケストラ連盟を通じて全国規模で展開されているので、センチュリーの演奏を実際に聴いたこともなければ府民税さえ払っていない人が多数署名しているのが現状である。妙な話だ。

僕は知事選では橋下氏に投票しなかったが、この件に関しては彼を応援したい。大阪に4つもプロのオーケストラはいらない。

20080515142253

関連ブログ記事:
ぐーたらOL Essay

|
|

« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | フィクサー »

古典芸能に遊ぶ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

嗚呼、素敵なバラの花ですね。私も中之島バラ園に行ってみたくなりました。花の命は短いから思い立ったらすぐに行かないとけませんね。この綺麗なバラの中で雅哉流辛口コメントが展開する。胸がすく思いがしています。

投稿: たくみん | 2008年5月17日 (土) 02時26分

たくみんさん、コメントありがとうございます。

中之島バラ園は無料で入れますから、お近くに行かれる機会があれば是非立ち寄ってみて下さいね。

投稿: 雅哉 | 2008年5月17日 (土) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/41224800

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の兆しの薔薇:

« ゼア・ウィル・ビー・ブラッド | トップページ | フィクサー »