« 関西の作曲家によるコンサート | トップページ | いずみシンフォニエッタ大阪の描く北欧 »

2007年7月14日 (土)

つゆだく、ねぎだく

歌手の華原朋美が6月28日付けで所属事務所から解雇された。突然の仕事キャンセルや、睡眠薬・精神安定剤などの多用により酩酊状態のまま倒れていたのを保護されるなど、これ以上のマネージメントは不可能と判断されたためである。このまま芸能界引退となるのはほぼ確実であろう。

朋ちゃんといえば、僕が真っ先に頭に思い浮かぶのはつゆだくの名称を世に広め、吉野家の売り上げに多大な貢献をした女の子だったということだ。

牛丼の吉野家では、つゆだくねぎだく等、客の好みに合わせた盛りつけを無料でおこなっている。ただし、これは店内のどこにも明示されていないサービスである。つゆだくとは、汁(つゆ)を多めにかけた状態を指す符丁。 ねぎだくは玉ねぎを多めに盛り付ける。

つゆだくが一般に普及したのは朋ちゃんがテレビ朝日「ミュージック・ステーション」のトークで吉野家原宿店で「並・玉(生卵のこと)・つゆだく」で食べるのが好きだと言った事に端を発する。

狂牛病問題で販売が中止されていた2006年に1日限定で牛丼が復活した時も、朋ちゃんは帽子をかぶりお忍びで吉野屋を訪れたそうで、出演するミュージカルの製作発表会で記者からその質問をされた時、彼女はこう語った。

「食べましたよ〜。当たり前じゃないですか!並・玉・つゆだくで、いやぁ〜もう最高でした。本当にもううれしくて泣いちゃいました。デビュー当時とか毎日食べていたんで…」

「今後も、問題なく吉野家の牛丼がずぅーとずぅーと美味しく食べられるように、ひとつよろしくお願いします」

10年位前は吉牛でつゆだくと注文する客は皆無だった。それが今やどうだろう?吉野屋で観察していると、客の過半数が「つゆだく!」と当たり前のように言っている。その掛け声を聞くたびに僕は朋ちゃんのことをしみじみと想い出す。

ただ、朋ちゃんはねぎだくについては言及しなかったので、いまだにこの裏技を知らない人が多いようである。少なくとも僕は注文時に「ねぎだく!」と言っている人を見たことがない。僕が「つゆだく・ねぎだくで」と注文していると、必ず周りの人の誰かが吃驚した顔でこちらを振り向く。それが何だか快感なので得意になって毎回言ってしまうのだ。ただ、ねぎだくと言う場合と言わない場合で、それほど玉ねぎの量が変わらないように感じるのは気のせいだろうか??

是非貴方も今度吉野屋に行ったら、周囲の反応を確かめながら試しに注文してみてください。

|
|

« 関西の作曲家によるコンサート | トップページ | いずみシンフォニエッタ大阪の描く北欧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食い倒れの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/15734256

この記事へのトラックバック一覧です: つゆだく、ねぎだく:

« 関西の作曲家によるコンサート | トップページ | いずみシンフォニエッタ大阪の描く北欧 »