« 転校生 さよならあなた | トップページ | 夏の風物詩〜たそがれコンサート »

2007年7月26日 (木)

大阪名物夏祭り!!

20070726074808

京都の祇園祭、東京の神田祭と共に日本三大祭のひとつである天神祭に往ってきた。

20070725162037 20070725162051

大阪天満宮から出発する陸渡御(りくとぎょう)の様子である。先頭の地車(だんじり)がちゃんちき(←リンク先で音が聴ける)を鳴らしながら、にぎやかに通り過ぎる。

20070725163508 20070725163938

その後を催し太鼓と笛の音に乗って獅子舞が踊る。

大阪フィルハーモニー交響楽団のホルン奏者だった大栗 裕が、大指揮者:朝比奈 隆からの依頼で作曲し、ベルリン・フィルの定期演奏会で演奏された「大阪俗謡による幻想曲」にこの祭囃子の旋律が使われている。淀工(大阪府立淀川工科高等学校)吹奏楽部の演奏でもお馴染みの曲である。かつてはこれにのせて、次のような詞章が唄われていたという。

生国魂(いくたま)獅子舞、よい景気。おたやん、こけても鼻打たん。大阪名物夏祭り

「おたやん」とは「お多福」のことで、「おたやんは頬が出っ張っているので、こけても鼻を打つことはない」という意味である。非常にユーモラスで浪速的だ。

天神祭に話を戻そう。さらに猿田彦や采女(うねめ)、花傘、猩々(しょうじょう)の人形を乗せた山車、牛曳童児などで第一陣が構成される。御羽車や神霊を移した御鳳輦のある第二陣がそれに続く。

20070725171558 20070725172129

上の写真は第三陣の鳳神輿と玉神輿が出発する様子。勇壮な掛け声で祭りの熱気は最高潮に達する。

陸渡御を見送ってから、天満宮に程近い四川料理のお店福龍園に立ち寄り、名物スーパーマーボー豆腐スペシャル坦々麺に舌鼓を打った。福龍園はザガットサーベイ「大阪・神戸・京都のレストラン」の中華部門で上位にランキングされる名店で、はっきり言ってここのマーボーは料理の鉄人・陳健一のお店「四川飯店」より断然美味しい。

福龍園で大満足した後は、花火見物。

20070725194737 20070725201155

ただ、天神祭の花火は人ごみの多さの割には大したことはなかった。しょぼい。毎年8月1日にに行われるPL花火芸術の方が、はるかに規模が大きくて充実しているなと感じた。

|
|

« 転校生 さよならあなた | トップページ | 夏の風物詩〜たそがれコンサート »

吹奏楽」カテゴリの記事

旅への誘ひ」カテゴリの記事

食い倒れの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212850/15904837

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪名物夏祭り!!:

« 転校生 さよならあなた | トップページ | 夏の風物詩〜たそがれコンサート »